facebook

【2024】CNC工作機械の効率化術!生産性向上を実現する方法

CNC工作機械は、産業界において生産性の向上を実現する重要な役割を果たしています。

この記事では、CNC工作機械の効率化術について解説します。CNC工作機械を導入し、生産性を向上させたいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

CNC工作機械とは

CNC工作機械とは、CNC(Computer Numerical Control)またはCNC(Computerized Numerical Control)の略称で、コンピュータを使って工作機械を数値制御することを指します。

【2024】工作機械とは?種類や加工法、マシニングセンタとの違いや導入のメリットを紹介!

基礎知識・用途や特徴

CNC工作機械は、産業用の部品製造などに広く利用されており、高度な加工が可能です。
自動化機能を備えているため、精度の高い加工が行えるだけでなく、安定した品質の製品を大量生産できます。

CNC工作機械は、自動車や医療機器、航空機などの部品製造に幅広く活用されているのが特徴です。また、自由曲面加工や三次元形状の加工も可能であり、複雑な形状を持つ部品の加工にも適しています。

メリットとデメリット

CNC工作機械のメリットとデメリットとしては、以下の点が挙げられます。

CNC工作機械のメリット

  • 高精度な加工が可能であるため、製品の品質が向上
  • 同じ加工を繰り返す際にも一貫性を保てる
  • 労力を軽減し、作業時間を短縮できる
  • 大量生産が可能であり、生産性の向上が期待できる

CNC工作機械のデメリット

  • 専門知識が必要であり、操作やプログラム作成に習熟するまでの学習コストがかかる
  • 故障やトラブルが発生した場合、専門知識を持つメンテナンス担当者が必要
  • 投資費用が高いため、導入の際にはコストがかかる

以上がCNC工作機械の基礎知識・用途や特徴、およびメリットとデメリットです。

CNC工作機械の効率化のために必要な要因

CNC工作機械の効率化のために必要な要因

CNC工作機械の効率化には、以下の要因が重要です。

AIや自動化支援機能

CNC工作機械の効率化には、AI(人工知能)や自動化支援機能が大きく貢献します。
AIを活用することで、
加工プログラムの自動生成や加工時間の最適化が可能です。
また、自動化支援機能によって、加工作業の手間や時間を削減できます。

管理者の能力向上

CNC工作機械の効率化には、管理者の能力向上も重要です。
管理者は、
加工プログラムの最適化や問題解決の能力を持つことが求められます。

また、工作機械の稼働管理や生産管理のスキルも必要です。
これらの能力を高めるためには、継続的な学習や経験が不可欠でしょう。

最適化や解決策

CNC工作機械の効率化には、最適化や解決策の策定も重要です。
加工プログラムや工作機械の設定において、
適切な条件やパラメータを設定することで、効率的な加工が可能となります。

また、トラブルや障害が発生した場合には、迅速かつ的確な対応策を立てる必要があります。

CNC工作機械の効率化の方針

効率的な生産を実現するためには、CNC工作機械の様々な要素を効率化する方針を立てることが重要です。以下にその具体的な方針を示します。

加工プログラムの効率化

CNC工作機械の効率化の第一歩は、加工プログラムの効率化です。
加工プログラムはCNC工作機械の動作を制御するための指令を与えるものであり、効率的なプログラムを作成することで生産性を向上させることが可能です。

より効率的な加工プログラムを作成するためには、CADやCAMソフトウェアを活用し、材料の最適な切削経路や工具の最適な選択を行う必要があります。

また、再利用可能なマクロやサブルーチンの活用によって、同様の処理を繰り返し行う際の作業負荷を減らすことも大切です。

工作機械の稼働管理や生産管理の効率化

CNC工作機械の長時間稼働や生産管理の効率化も、効率化の方針の一環です。
適切な稼働計画や生産スケジュールを立て、工作機械を最大限に活用することで生産性を向上させることができます。

また、工作機械の故障や異常を早期に発見するために、予防保全や監視システムの導入も効果的です。取得されるデータを分析し、故障の予兆を検知することで、生産停止時間の短縮や機械の信頼性の向上を図ることができます。

進行中の製作品のクオリティと速度のバランス

効率化の方針として重要なポイントは、進行中の製作品のクオリティと速度のバランスです。
クオリティを犠牲にして速度を向上させれば生産性は向上しますが、製品の品質に問題が生じる可能性があります。

品質の保証を重視しながら速度を向上させるためには、適切な工具や切削条件の選択、加工パラメータの最適化が必要です。

また、加工予測ツールやシミュレーションソフトウェアを活用することで、加工中に起こり得る問題を事前に把握し、適切な対策を講じることも欠かせません。

CNC工作機械の具体的な活用方法

CNC工作機械の具体的な活用方法

CNC工作機械を効率的に活用するためには、AIやIT技術を活用することが重要です。
AIやIT技術を導入することで、生産性を向上させることができます。

AIやIT技術の活用

CNCで使えるその他の技術 特徴・できること
AI 工作や製品作成の自動化など
IT 作業のオンライン管理など
CAD 設計のオンライン化・電子化
CAM 切削データのオンライン化・電子化

AIやIT技術を活用することで、CNC工作機械の設定や加工プログラムの作成を効率化することができます。特に、CADやCAMソフトウェアを使用することで、3Dモデルから自動的に加工プログラムを生成することが可能です。

また、IoT技術をCNC工作機械に導入することで、機械の稼働状況や生産データをリアルタイムでモニタリングすることができます。
これにより、生産効率の向上やトラブルの早期発見が可能になるでしょう。

自動化機器の活用

CNC工作機械の自動化により、従来の人手による作業から解放されます。
例えば、
オートローダーやバーフィーダなどの周辺装置を導入することで、材料の供給や製品の取り出しを自動化することができます。

さらに、ロボットアームなどの自動化機器を活用することで、工作機械との連携作業を効率化することができます。これにより、作業時間の短縮や生産ラインの効率化につながるでしょう。

周辺機器の活用

CNC工作機械の効率化には、周辺機器の活用も重要です。
例えば、
切削液の供給装置やチップ処理装置を導入することで、加工作業のスムーズさを向上させることができます。

また、測定機器やツールセッターなどを利用することで、加工精度を向上できるでしょう。
これにより、品質の向上や不良品の削減が実現できます。

CNC工作機械の導入がおすすめなケース

CNC工作機械の導入がおすすめなケース

CNC工作機械の導入がおすすめなケースは、以下のような場合です。

  • 大量生産や高精度な加工が求められる場合
  • 複雑な形状や曲線を持つ部品の加工が必要な場合
  • 生産性向上や労働力削減を図りたい場合

大量生産や高精度な加工が求められる場合

まず第一に、大量生産や高精度な加工が求められる場合にCNC工作機械の導入が有効です。
CNC工作機械は、作業者の経験や技術に依存せず、プログラムに基づいた正確な加工が可能です。そのため、一定の品質と生産性を確保しなければならない製品の生産に適しています。

複雑な形状や曲線を持つ部品の加工が必要な場合

続いて、複雑な形状や曲線を持つ部品の加工が必要な場合にも、CNC工作機械の導入がおすすめです。CNC工作機械は、プログラムによって加工の順番や方法を設定することができるため、自由度の高い加工が可能です。
これにより、従来の工作機械では難しい形状や曲線の加工も容易に行えます。

生産性向上や労働力削減を図りたい場合

最後に、生産性向上や労働力削減を図りたい場合にもCNC工作機械の導入が有効です。
CNC工作機械は自動化やロボット化が進んでおり、一人の作業者が複数の機械を管理することも可能です。そのため、作業者の負担を軽減しながら生産性を向上させることができます。


以上のようなケースでは、CNC工作機械の導入によって効率的な生産が実現できます。
しかし、導入コストや教育コストなども考慮する必要がありますので、十分な検討が必要です。

具体的な工作機械のメーカーは下記記事で解説しています。

【2024】有名工作機械メーカー13社を紹介!最新技術や今後のビジョンを解説!

CNC工作機械の今後

CNC工作機械は、その存在感を増しながら進化を遂げています。
その進化には以下のような要素が含まれています。

高精度化システムの開発

CNC工作機械の精度は、加工品質の向上に直結します。
最新の技術を活用した高精度化システムの開発により、より
正確な加工が可能となっていくでしょう。微細な部品や複雑な形状の加工においても、高い精度を維持できます。

自動化の進歩

CNC工作機械の自動化により、人手不足の解消や生産性の向上が実現されています。
自動車組み立て工程の一環として、車体の溶接や塗装なども自動化されているのです。

さらに、工作機械自体の自動化も進んでおり、製品の交代や材料の供給を自動で行っていけるようになっています。これにより、効率的な生産ラインの構築が可能となっていくでしょう。

省人化・無人化の推進

労働力不足やコスト削減の要求に応えるため、CNC工作機械の省人化・無人化が進んでいます。人が関与しない自動化プロセスは、夜間や休日に連続して生産を行うことができ、生産性の向上に寄与しています。

さらに、機械にセンサーや監視システムを組み込むことで、故障や異常が発生した場合には自動的に停止する機能を実現可能です。
これにより、安全性と信頼性の向上も実現されるでしょう。

まとめ

CNC工作機械の効率化は、生産性向上につながる重要な取り組みです。
AIや自動化支援機能、管理者の能力向上、最適化や解決策の導入などが効率化の要因となります。

加工プログラムや工作機械の稼働管理、生産管理の効率化、進行中の製作品のクオリティと速度のバランスを考慮した方針が必要です。

さらにAIやIT技術、自動化機器、周辺機器の活用も効果的です。
CNC工作機械は進化を続けており、高精度化システムの開発や自動化の進歩、省人化・無人化の推進も進んでいます。

効率化を実現していくためにも、今回の記事を参考にCNC工作機械の導入を進めてみてはいかがでしょうか。

最新情報をチェックしよう!